2009/02/05

子宮筋腫が出来る原因 (1)

子宮筋腫が出来る原因は、ホルモンバランスの崩れ

女性がホルモンバランスを崩すと最初に影響が表われるのが子宮です。
ホルモンバランスを崩し エストロゲン優勢になると筋腫が成長します。 注意書き

筋腫を切除してもエストロゲン優勢という根本的な原因がなくなったわけではないので、このエストロゲン優勢を改善しないと、また新たな筋腫ができますし、ホルモンバランスの崩れから不妊、更年期障害、骨粗鬆症、乳ガン、子宮ガン等のリスクが高くなります。

女性はエストロゲンが多いほうがいいと思っている方も少なくないと思います。
でも女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスがとても大切。
どちらが過多でも不調をきたします。

どうしてエストロゲンが優勢になってしまうの?
エストロゲンが優勢になる原因は、ストレス、栄養素の過不足、環境ホルモン、ピルやホルモン療法などいろいろあります。
食事面では、トランス脂肪酸の摂取過多も影響します。 ショートケーキ

子宮筋腫には中でもストレスが大きく影響しています。 あちゃー
エストロゲンが優勢な状態に大きいストレスが加わると、子宮筋腫は1~2ヶ月で大きくなってしまうというのです。

amani-new-1.jpgまずバランスの取れた食事、リラックスを心掛け、
そしてホルモンバランス調整には
『亜麻仁油 サプリメント』 がおすすめです ニコッ♪