2011/08/26

糖尿病の発作時には炭酸飲料と 『ファインプラス』

糖尿病に薬物療法を実施している人が、α-グルコシダーゼ阻害剤を服用した時に起こる低血糖の場合、
砂糖では有効でない場合があります。
この場合は砂糖ではなく、ブドウ糖を使わないと回復が遅れてしまいます。

それは、α-グルコシダーゼ阻害剤という薬が食後の高血糖を抑える作用をもった薬であるため、
通常の砂糖(しょ糖)からの糖分の吸収を遅らせるからです。

 しかしながら外出時などに低血糖が起きてしまった場合は、ジュース類でひとまず発作を鎮めます。
その際、100%の果汁飲料よりも、できればコーラ、ファンタグレープなどの炭酸飲料の方が有効だとか。
炭酸飲料には、砂糖ではなくブドウ糖が入っているためで、糖尿病の回復には作用が早いのです。


でもジュースすら近場に無いときもありますよね。 
『 ファインプラス 』を2~3包バックに入れておけば、手軽にブドウ糖補給・疲労回復ができ、
万一発作が起きても、疲れや風邪っぽさを感じたときにも、素早く対応・処置ができます。 


メディカルフルーツと呼ばれるパパイン酵素豊富な青パパイヤを
発酵させて作られた 『ファインプラス』

b-fineplus_20121022161326.jpg
メディカルフルーツとして古来より生活のあらゆる場面で重宝されてきた
青パパイヤには、ポリフェノール(=酸化を抑制する成分)が豊富であり、
日本では酵素食品や発酵食品としてその力が基礎医学の分野で証明されて
います。 また、成熟したパパイヤではなく未熟果のパパイヤにこそ、
豊富に含まれているという点からも、メディカルフルーツと呼ばれる
パパイン酵素が豊富な青パパイヤを発酵させて作られた 『ファインプラス』 は、
結構甘いので糖尿病患者さんは引きがちですが、
続けてお召し上がりいただくうちに、血糖値が安定してくるから不思議です。
甘みはブドウ糖ですので、ご安心してお召し上がりいただけます。







2020.12月より、下記サイトにて更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
[画像クリックorタップで 新ブログにリンク]
宜しくお願い致します。
新ハーベストブログ