2011/09/01

鬱病の客観的な指標を発見

鬱病(うつびょう)の症状を客観的に診断するための指標となりうる物質を、
広島大大学院などの共同研究グループが世界で初めて発見したと発表。

鬱病はこれまで、医師が患者の症状をもとに主観的に診断する方法が主流ですが、
今回の発見では、血液を調べることで客観的な診断方法の開発に役立つと期待される。

 発見した研究グループの山脇成人教授によると、
鬱病の要因は世界で研究されているが、糖尿病診断での血糖値や高血圧診断での血圧値のような客観的な指標は発見されておらず、気持ちの落ち込みや意欲の低下などの症状から、医師が判断するしかなかったという。

 山脇教授らは脳内に多く存在するタンパク質である「脳由来神経栄養因子(BDNF)」をつくる遺伝子に着目
未治療の鬱病患者20人と、鬱病でない18人の血液を採取して解析したところ、
この遺伝子の中で起きる「メチル化」と呼ばれる化学反応をみると、鬱病患者にだけ特有のパターンが見つかった。
過度のストレスが異常なメチル化を引き起こした可能性があるとみられる。

 BDNFは神経細胞の成長に不可欠な栄養素の物質で、これまでも動物実験などで鬱病と深い関係があることを示す研究データはあったが、BDNFの血液中の濃度に関する研究では関連が証明されていなかったので、今回の手法が実用化できれば、費用は15,000円程度で、2日間で結果が出るという。


鬱病の客観的な診断方法を確立するため、今後も 抗鬱薬の投与や病状の変化とメチル化の程度の変化の関連性をさらに調べていかれるとのことです。

ストレス社会の現代では、鬱病とはっきり診断されて治療のため通院している方よりも、
病院に行く気力もなかったり、忙しくて病院に行く時間も無い方、体裁を気にしたりなど、
ひとりで辛い日々を過ごされている方まで含めたら、もの凄い割合になるのかと思います。

こちらの 記事 にもアップしましたが、それほど深刻になっているということ。
上記のような検査方法が確立されれば、保険や労災などの認定基準も他の疾患疾病と同様に数値化できるようになりますね。
ただ、ココロの問題部分が大きいだけに、その数値が全てでもない気がしますが・・・





2020.12月より、下記サイトにて更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
[画像クリックorタップで 新ブログにリンク]
宜しくお願い致します。
新ハーベストブログ