2011/09/22

生きたまま腸に届く・・?! (1)

TVのCMなどで、 「生きたまま腸に届く乳酸菌・・・」っていうのを
見たり聞いたりされたことあるかと思います。 

確かにイメージが良い 
しかし、実際‘生きたまま’ をウリにしている商品でも、摂取した分全てが腸まで100%
生きたままで届くというわけではないかと思います。
最近は、ひとつひとつをカプセル化したタイプもあるようですが・・

興味深いのは、 ‘生きたままタイプの乳酸菌’は自分がもともと持っている腸内菌(善玉菌)との
相性が悪いことも多く、乳酸菌は相性の良い菌でより仲間を増やしていくフローラを形成して
いきますから、せっかく生きたまま腸に届いたとしても もともとの菌たちと相性が合わなければ
そのままスルーして排出されてしまうという報告もあります。

そして、意外かと思われるかもしれませんが、死菌であっても有用な働きもしてくれます。
乳酸菌、といえば、身近なところで思いつくのは ヨーグルト。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、胃酸や胆汁によって大半が死滅するとされ、
生きて腸まで届く乳酸菌はほとんどいません。

しかし、死んだ乳酸菌は意味がないのか?  じゃ、ヨーグルトなんて意味ないのか?
というと、そうではなく、
乳酸菌が死んでも、菌体成分が小腸の免疫機能を活性化するため、善玉菌が増える役割を
することから、死滅しても働く乳酸菌の健康効果を調べる研究が進められています。 

因みに、ヨーグルトでもどちらのタイプであっても整腸効果は変わらなかった
(むしろ実験ではプロバイオティクスでないほうが結果は良好だった) そうです。

腸内にはもともと腸内菌の棲み分けがあり、自分に合った善玉菌が活性化、
もしくは増殖する環境を整えることが重要だということですね。 





2020.12月より、下記サイトにて更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
[画像クリックorタップで 新ブログにリンク]
宜しくお願い致します。
新ハーベストブログ