2008/03/13

過剰摂取には気をつけたいハーブ

良かれと思っていたハーブも摂り過ぎは・・・

ウイキョウやラベンダー,マロウなど鎮痛作用・成分を持つ種類のハーブがあります。
薬を飲みたくない方、鎮痛剤でアレルギー症状が出る方などにはハーブの力で穏やかに改善を目指す
のもひとつの方法ですね。
しかし、摂取にあたっては気をつけるべきハーブもあります。
例えば「ホワイトウィロー」(西洋シロヤナギ)
アスピリンはホワイトウィローの成分から作られるそうです。
アスピリンは、特に15歳以下のお子様のご使用はお勧めできません。
アスピリンはインフルエンザ罹患の際にインフルエンザ脳症(ライ症候群)に発展する可能性があります。
大人でもアスピリン系の鎮痛剤が体質に合わない方は多くいます。

また、妊娠中・授乳中のお母さんが避けるほうがよいハーブもあります。
ベニバナ・ジュニパーセージ・ブラックコホシュ・・など。
子宮を収縮させたり通経作用があるハーブ類を過度に摂取することはかえってキケンですので、
ハーブを摂取するときはよく調べてから取り入れましょう。


 

                                                          
2020.12月より、下記サイトにて更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
宜しくお願い致します。

新ハーベストブログ

コメント

非公開コメント