2018/03/30

鎮痛薬剤でも薄毛の危機


「抗がん治療で毛が抜け落ちた」 という話はきいたことあるかと思いますが、
薬の副作用による脱毛は、抗ガン剤以外の薬でも起きるという記事を見つけました。


生理時に鎮痛薬を多量服用
生理痛や頭痛、腰痛などの痛み止めとしてドラッグストアでも手軽に購入が可能な 『鎮痛薬・鎮痛剤』 です。
抗炎症成分の「アセトアミノフェン」や「イブプロフェン」が脱毛の原因と考えられるそうです。
鎮痛・解熱薬のほか、風邪薬(総合感冒薬)などによく使用配合されています。


胃薬、抗菌薬、ピル
・胃酸の分泌を抑える成分として胃薬に使われる「シメチジン」や「ファモチジン」
・「イソニアジド(抗結核薬)」「エタンブトール塩酸塩(抗結核薬)」「ゲンタマイシン(抗菌薬)」などの抗菌薬。
・低用量ピル(経口避妊薬)にも、薬剤性と思われる脱毛が起きるケースがまれにあるようです。


抗がん剤以外の薬でも脱毛が起きることは、殆ど周知されておらず意識も乏しいこと、抗がん剤の副作用のように髪の毛が一気に抜けることはなくて、薬を使い始めて数カ月後から徐々に薄くなっていくため、「まさか鎮痛薬や胃薬で脱毛とは・・」 と驚くだけでなく信じられない、既に依存していて辞めることができないといった新たな悩みが出来てしまうことも。

薬にはベネフィットとリスクが同居します。
毎月辛くてだんだん効きも鈍くなってきていませんか・・




鎮痛剤に頼りたくない、さらに美しくなりたいをサポート

リリーブは、植物のもつ複数種のポリフェノール群と女性ホルモンの原料に欠かせない良質な油であるα-リノレン酸を豊富に含む 亜麻仁油をバランスよく独自配合したサプリメント。

ナチュラルに生理・排卵、PMSの悩み対策、+ 美しバックアップは、市販薬にはない大きな特徴です。 


リリーブは健康にも美容にも幅広く
鎮痛剤に頼らず健康的にアクティブライフと美しさを目指す女性を応援し、健康的に、かつ続けるほど美容面にも貢献するリリーブは、リスクを負う市販薬と真逆をいきます。

メール便版リリーブ は、宅配便箱タイプよりも1シートお得仕様

 
2ケのご注文なら、+1シート プレゼントつきで、
『通常版リリーブ』を同数ご注文した場合と比べると、3シートもお得になります。
 ↓ ↓ (※プレゼントをリリーブ1シートを選択した場合) ↓ ↓
詳しく・ご注文は、こちらのページから
※ メール便限定商品につき、代引決済 及び宅配便配送はご利用いただけません。




2020.12月より、下記サイトにて更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
[画像クリックorタップで 新ブログにリンク]
宜しくお願い致します。
新ハーベストブログ