2020/03/19

アレルギー

こんにちは、スタッフのhirakuです。

アレルゲンには色々な種類があって、誰がどのアレルゲンに反応するか?また反応の強さは人によってさまざまです。
アレルギー反応のため、アナフィラキシーショックがあった場合は、命に係わる場合もあるので、『ついうっかり・・・』では済まされないことになります。
幸い私の家族は、アレルギーといったら花粉くらいで他には主人に金属アレルギーがあるくらい。
子供の同級生には、小麦、ピーナツ、卵、キウイ、牛乳などの食物アレルギーを持った子がチラホラいるようですので、子どもが遊びに行くときに持たせるお菓子には私も注意するようにしているのですが、これには関わっている子どもの方がしっかりしていて、子どもの方から、『〇〇さんは卵アレルギーだから・・・』といって袋のアレルギー表示を見たりしています

今マスクと並んで品薄状態のアルコール消毒類。お店の出入り口には必ずアルコール消毒液が置いてありますが、アルコール過敏症の方には辛いものです。本人が使用しなくても、エタノールが皮膚にふれたり、吸い込んでしまったりすると、体調不良・呼吸困難に陥ってしまうこともあるそうです。
至る所でアルコール消毒を徹底している今、そういった方たちにはとても辛い状況が多いんだと想像できます。

ウイルス感染予防には、流水での手洗いが有効で、それに加えて石けんで汚れやウイルスを洗い流した上で、アルコール消毒をするのが望ましいとのことです。

改めて基本の手洗いをもっとしっかりやらないと!と思わされているこのごろです。



2020.12月より、下記サイトにて更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
[画像クリックorタップで 新ブログにリンク]
宜しくお願い致します。
新ハーベストブログ