2009/10/30

ムレ続きになりやすい冬場=膣カンジダ症再発注意~!

「今日は寒いなぁ~」と感じる日も増してきましたね。
寒いとパンツスタイルで過ごすことも多いかと思いますが、
あまりきつめのパンツや下着類をご愛用されている方はムレ・しめつけにご用心!

ムレの原因となりやすいガードルやストッキング、通気性のあまりよくないボトムスなどは膣カンジダ症状が悪化しやすくなりますし、冬といえば‘こたつ’に入って暖まり・・・というのも、菌が繁殖しやすい環境をつくり出してしまいます。
また、家族に‘水虫’患者さんがいる場合は特にご注意 注意書き 
白癬菌が好む湿度と温度が保たれるコタツでは菌の繁殖場になっています。 

水虫患者さんもカンジダ症患者さんも、梅雨時期だけでなく冬場の対策も大切。
衣類の枚数も増えているところに室内外との気温差が大きいため暖かい場所では急に汗をかいて
衣類下の湿度・温度も上昇 ↑ 
ポイントは、「暖めつつ 通気性は保つ。そして菌を繁殖させないからだづくり」

 乳酸菌サプリ 『ジョイエ』 カンジダ症で悩まない体質を目指しましょう 
我慢できないかゆみやおりものの状況をひとまず早急に改善するには膣剤が手っ取り早い対処ではありますが、症状を抑えるものであり根本的な治療にはなりません。 強い薬で膣内バランスも崩れますから、また再発しやすい状況をつくりだしてもいるんです。 悲しい

カンジダ症を繰り返さないために、カンジダ症によいとされるアシドフィルス菌、有胞子乳酸菌等が配合された『ジョイエ』を普段から摂取することで、自身の腸内免疫を高めてカンジダのみならずやウイルスやストレスに強いカラダづくりを目指します。 

乳酸菌には様々な種類がありますが、相性の良い菌・悪い菌があるという特性も持ち合わせていることをご存知でしょうか?
相性の悪い菌が一緒にいるとお互いの菌がダメになり(例えば発酵が進まない、発酵できないなど)ます。
『ジョイエ』に配合されている菌は、研究された相性の良い菌どうしを配合しておりますので、互いが力を高め合い、より高い力を発揮し腸内環境を整え免疫力を高めるという特徴もあります。

ba-gioie.jpg



 

                                                          
2020.12月より、下記サイトにてブログ・コラム更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
[画像クリックorタップで 新ブログにリンク]
宜しくお願い致します。

新ハーベストブログ