2009/12/09

現代女性の子宮と卵巣は疲れている・・

食生活が豊かになり栄養状態が向上した現代では、初潮年齢がかなり低年齢化しています。
そのうえ、閉経年齢も昔に比べ高齢化してきています。 つまり現代の女性は、初潮を迎えて閉経までの期間が昔よりも長くなってきたということになります。

加えて、晩婚化や結婚しても子どもをつくらないカップルや少子化の増加が目立ちます。
妊娠しないということは、子宮と卵巣にとっては月経の停止期間がなく、休む暇もなく排卵~月経を繰返し働き続けること。

月経が毎月くる=正常に子宮や卵巣が働いている・・・と思いがちですが、休みなく働きつづけている子宮と卵巣は疲れているのかもしれません。また、子宮や卵巣の細胞に何らかの異常が生じても不思議ではありませんよね?!

子宮・卵巣の病気は自覚症状の現れにくいものが多く、不妊や生命の危険をまねく重篤な病気につながるものがあります。
早期発見・早期治療のための定期的な検診はいうまでもありませんが、やはり、日頃の健康管理により病気の1次予防を心がけることが大切。

line-dot-b.gif

 『ファインプラス』 でカラダ全体のバランスを整えながら 健康な子宮と卵巣へ
b-fineplus_20121022161326.jpg 酵素が不足している現代人は、意識して酵素を取り入れる事で「老化」 「便秘」
 「ドロドロ血」「疲労」「冷え性」「胃もたれ」 など多くの身体トラブルに働きかけ、
 体内の活性酸素を分解し、新陳代謝を促し基礎体力を高め、傷ついた細胞に
 病原菌が 繁殖するのを制御します。
 更に消化を助け、腸内細菌を整え、老廃物を分解する事で、血液を浄化。

 善玉を優位にする生命力と悪玉の害を消し去る力がバツグンに強い青パパイヤキラリラ
 その青パパイヤ発酵させることで、私達現代人に不足している酵素の種類がグッと増え、
 発酵によって増強された酸化を抑制するパワーが、女性のさまざまな健康不安を和らげるのに
 役立ちますrainbow

 

                                                          
2020.12月より、下記サイトにてブログ・コラム更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
[画像クリックorタップで 新ブログにリンク]
宜しくお願い致します。

新ハーベストブログ