2010/02/06

子宮筋腫が出来る原因 (2)

子宮 と 肝臓 のカンケイ
過剰なエストロゲンを防ぐには食生活の見直しがやはり求められます。
とりわけ肝臓の働きがポイント! アップロードファイル

肝臓は以下のような重要な働きをしています。
1.食物の栄養分をからだに取り込めるよう変化させる=代謝
2.有害物質を分解して無毒化する=解毒
3.胆汁を作り老廃物を排せつする=分解
4.エネルギーの貯蔵をする=貯蔵
5.エネルギーを発して体を温める=体熱維持

エストロゲンも使われたあと肝臓から排泄されます。

肝臓の解毒機能
過剰なエストロゲンや環境ホルモンの解毒にも、肝臓は大きくかかわっています。
肝臓の働きがよければ過剰なエストロゲンや環境ホルモン解毒もできますが、
栄養素が不足していたり、解毒するもの物が多すぎたりすると完全に解毒することができないのです。
私たちの体ってほんとスゴイですよね! ある部位に不調をきたすと、その部位のことだけ考えがちですが、体のなかでは様々に関係・影響・連動しあっているのですね。


b-fineplus_20121022161326.jpgそこでオススメなのが 『ファインプラス』
『ファインプラス』は、腸内のバランスを保ち細胞に必要な栄養を正しく吸収させ、細胞の新陳代謝を活性化し、解毒機能を高めます。
 『ファインプラス』はそのひとそのひとに合った
体内バランスを調整し、健康をサポートする食品です。

『ファインプラス』 で解毒・修復・改善
きれいな子宮を目指しましょう
 にこっぴんく