2011/03/03

仙骨温めで末端の冷えを改善する

仙骨を温めて冷えを改善

仙骨とは骨盤の中央にある、背骨の下端にある5個の骨が癒合した逆三角形の骨です。
昔から「冷えには仙骨に灸」と言われているのだそうです。

お腹には大切な臓器がたくさんあるので、内臓が冷えるとそれを温めようと血液が内臓周辺に
集まってきます。
本来なら手足に回るはずの血液が内臓に集まってしまうため末端が冷えるのです。

末端冷え性を改善するには、まずお腹の冷えを解消することから。  

仙骨からは骨盤内蔵神経という副交感神経が お腹中にいきわたっていて内臓の動きを促進し、
内臓だけでなく全身の血管を広げ血液の流れをよくするのです。

仙骨の下を通っている副交感神経は骨盤臓器の卵巣、子宮、卵管、膀胱なども支配しているため、
特に女性には温めるのをおすすめします。
冷えは生理痛もさらに辛くします。 末端冷えで辛い方は、ぜひ仙骨を温めてみてください。

レンジでチンして使う ゆたんぽ 『ゆたぽん』 をおしりの下に置いて温めると気持ちいいー
使い捨てカイロもおすすめ。  ※低温やけどには注意してください。





2020.12月より、下記サイトにてブログ・コラム更新しております、
最新記事・関連記事は下記ブログよりご覧いただけます。
[画像クリックorタップで 新ブログにリンク]
宜しくお願い致します。

新ハーベストブログ